ライントレードマスター

全ての相場に対応する
ライントレードをシステム化

イメージしたトレードをMT4で
自動エントリー

自動決済
できるシステム

自動化不可能と言われていた、 ライントレード手法をシステム化!!

 

IT化が進む昨今、ヘッジファンドでは当たり前のように人口知能がトレードに採用されている状況です。大手ヘッジファンドが数億円・数十億円を投資して開発しているアルゴリズムトレードソフトと、勝負しないといけない時代に突入しました。

 

まさに、”為替トレードの大格差時代”に入ったのです。

 

 

 

このような、厳しいトレード環境でも、稼ぎやすいトレード手法

それが、ライントレードです!

ライントレードは、相場から利益を狙う武器として大変有効なツールです。

 

ライントレードのメリット

 シンプルで簡単! 初心でもプロと同じトレードを行えます。

 トレンドフォロー・カウンタートレードでも使えます。

 他通貨、オプションなどの様々な場面で利用出来ます。

 相場の原理原則に基づいた、汎用的な裁量トレードが可能。

 システム化(アルゴリズム化)が、難しく相場に対しての優位性を期待出来きる

 視覚的なアプローチを行い、相場を大局的に捉えることで相場観を養うことが出来きる

上記に紹介させて頂いたのが、ライントレードのメリットです。世の中に、山ほど溢れているインジケーターや、騙しが連続して勝てないサインツールとは一線を画します。

 

ここからは、ライントレードのストロングポイントをご紹介します。

 

 

シンプルで簡単!初心でもプロと同じトレードを行えます

 

     相場の動きに合わせて、ラインを引くだけ! ラインを引いて

    設定さえしてしまえば、あとはポジションをラインマスターが

    決済するだけのシンプル設計! 短期のスキャルでも、日足御

    用達のスイングトレーダーにも同じように使えますので、多く

    のプロトレーダの様々な手法で活躍します。水平線として使う

    ことも、トレンドラインとして使うことも可能です。

 

 

トレンドフォロー・カウンタートレードでも使えます

 

 

 

    ライントレードは、どんな相場でも活躍します!

    レンジ相場では、カウンターポイントにラインを引き、

    トレンドフォローであれば、ブレイクポイントに

    ラインを引いてあげればいいのです!

    自分の好みのトレードに会わせて利用が可能です。

 

他通貨、オプションなどの様々な場面で利用出来ます

 

    様々な手法に対応しているのがライントレードです。

    加え、色々な通貨・オプション等(株式指数・コモディティ)

    でも制限無くご利用して頂くことが可能です。

    いま流行の仮想通貨(ビットコイン等)もMT4ブローカーが

    対応していれば取引出来ます!

 

 

相場の原理原則に基づいた、汎用的な裁量トレードが可能

 

     サポート・レジスタンは、相場のはじまりより存在し

    今でも機能している代表的なエントリーポイントです。

    ライントレードを使う事で、優位性の高いポイントを、

    狙い打ちする事ができます。また、トレンドラインブレイク

    も過去未来永劫に起こりうる現象であり、

    これからの相場でも必ずライントレードが

    役に立つでしょう。

 

システム化(アルゴリズム化)が難しく、相場に対しての優位性を期待出来る

 

    『過去と同じ相場は2度と訪れない』という言葉があります。

    同じような相場パターンが繰り替えされることはありますが、

    まったく同じ動きをすることはありません。

    トレーダーがラインを引く事で相場にあわせた

    トレードが可能になるのです。

 

 

視覚的なアプローチを行うので、相場観を養うことが出来る

 

    「相場は生き物」また「相場は相場に聞け」とも

    いわれています。

    ラインを引くために、相場を観ることが重要です!

    これだけでも大きな相場観が養われていきます。 

    あわせてファンダメンタル要素を学び、相場観・裁量力を

    身に着けることは、大きな財産となり安定して稼ぐ為の欠かせ

    ない要素となります。

 

 

ライントレードのデメリット

 

 トレーダーによってルールが曖昧

 エントリーポイントに貼り付きが必要

 決済、逆指値に設定が必要

 時間を取られる

 細やかな決済判断が難しい

ライントレードは、最も基本的なトレードであり、普遍的な手法であると言われています。ただ、どんな手法にも弱点はあります。

ライントレードの弱点は、ラインを引き、エントリーするポイントに辿り着くまでに、ずっとチャートに貼り付かなければならない所です。エントリーポイントの価格に達するのが何時なのか?誰にもわからないからです。

その悩みを解消してくれるのがライントレードマスターなのです!

 

ライントレードマスターの機能

 

 ラインを引くだけでエントリーポイントを自動設定

    ラインブレイクでの自動エントリーを実現。Buy、Sellも設定で変更可能です。

 リミット・ストップも自動設定

    直近の安値を自動的で逆指値に設定してくれるAuto機能を搭載。もちろん、パラメーターに

    より任意の数値を設定することも可能です。

 ゼロストップ機能搭載。

    エントリーポジションより指定のPIPS上昇した時に、ブレイクラインに、逆指値(S/L)を

    自動アップしてくれる機能しております。数値も任意に調整ができ、トレーダー様の好みに

    設定することが可能です。

 ポジション毎にマジックナンバー管理可能。

    EAのパラメーターでポジション番号を設定することができ、同じ通貨でも

    管理番号を変えて設定すると、複数同時にライン管理を行えます。

 価格状況管理機能搭載。

    ライントレードマスターは、トレーダー様が引いたブレイクラインポイントに指値注文を

    入れるようになっております。MT4の価格が動く度に指値注文を繰り返すと稼働されている

    PC(VPS)などに大きな負荷が掛かってしまう恐れがあるため、オーダー制御機能を搭載

    させました。これにより、快適なMT4でのトレードを実現させております。

 

ライントレードマスターの機能を利用することで、MT4にセットしてしまえば、あとは待つだけ。

エントリーから決済までをライントレードマスターがフォローしてくれます。

 

忙しい人でも、少しだけチャートを開いてラインマスタートレードをセットするだけ。あとは、自分の時間がある時に状況をみるだけです。実際のトレードをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

販売価格 ¥7,800(税込)
1ライセンス版※同時稼働口座数

お申込みは、こちらから

※商品ファイルの閲覧には、アイドック株式会社が提供する無料ソフト 「bookend」がインストールされている必要がございます。

 

 ダウンロード版 PDF10ページ/簡易マニュアルテキスト1点/システム1点

※ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから商品をダウンロードしてください。

購入からの3ヶ月間、回数無制限でのメールサポート

 

 

 

ライントレードマスターサポート!

 

MT4の使い方が不安な方にも購入からの3ヶ月間、回数無制限でのメールサポートを行います。

トレーダー様のご要望が多い機能を、これからもバージョンUPを行い実装していきます!

一度、ご購入して頂くと今後無償でバージョンUP版の提供を行います。

 

 

 

よくいただくご質問と回答

 

スマートフォンには、対応してますか??

スマートフォンだけでは、MT4のラインソフトが動かないので対応しておりません。Windows版MT4が動く環境が必要です。


パソコン(MT4)は、24時間電源を入れておかないといけませんか?

24時間電源を入れる必要はありません。エントリーさせるまで、または、ラインマスターに付属しています。トレイリング機能などを使う時にだけ起動してあれば大丈夫です。エントリー後に、指値・逆指値をいれておけば、その後パソコン(MT4)の電源を落としてもかまいません。ただし、ラインマスターの機能が一部使えませんのでご注意ください。


 

返金保障はありますか?

基本的に返金保証はありません。プログラムの不具合、その他データの欠損または破損が認められた場合には、交換または、返金対応させて頂きます。


デモ口座でも動きますか?

はい、デモ口座でも稼働可能です。リアル口座でももちろん稼働します。


どこのFX会社でも使えますか?

Windows版 MT4を採用しているブローカーであれば、ご利用可能です。


 

販売価格 ¥7,800(税込)

お申込みは、こちらから

※商品ファイルの閲覧には、アイドック株式会社が提供する無料ソフト 「bookend」がインストールされている必要がございます。

 

 

【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。信用取引やFXは価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります。 

 

 

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー |